2009年3月


 能動的に受動に向かう、非常に同感です。もしくは「受動という能動に向かう」とか。能動には常に受動がつきまとうからこそ──受動というか、m01さんの言葉を借りれば「他者のエネルギーを拾っている」というか──“能動”ということが意識に上がるんでしょうかね。自分の胸の内を探ってみても「これこそが、俺が生み出したものだ!」“ということにしたい”、という我欲に駆られているところがあります。どうしてだろう……僕は生きた証でも残したいのでしょうか(笑)? それとも犬のマーキングみたいなものか(笑)。そのマーキングも、他人のマークの上塗りですよね。その覇権争いはずっと続くわけですが、僕らもそんな感じなのかな?と思ったりします。他人のマークがなければ、上塗りする必要がない。だから、そもそも僕らが、自分というもの、自分という回路を意識する(させられる)ためには、まず“反動”の原因としての他者が必要なんですよね。

 しかし僕らは、反動の原因を求めるまでもなく、他者による行為、営み、創造にそもそもがんじがらめにされて、そこから抜け出ることは絶対にできない。ここは意識上ではなく、意識下。でもそこに立脚しながらも、自分を意識した瞬間に他者が登場する(意識に上る)。自分を意識すればするほど、それに比例するように、他者の存在(行為を含む)が大きくなってくる。「信頼する」という行為は、その仮想の他者から自分を守るための方便なのかもしれません。「信頼する」という「自分についての意識」があればあるほど、他者がそれを壊そうとしている、という、マーク&上塗りと同じ図式。結局、僕は覇権争いをしているのか?と思うことすらあります。誰と?????

 でも、仮想の他者は敵ではないかもしれない、というか、敵ではないんですよね(笑)。敵という表現自体が、自分を強く意識した表現でした……。この仮想敵国に対するシミュレーションは僕の得意分野なんですが(笑)、このままでは「能動的に受動に向かう」という領域に行けない……。行きたいのに行けない。

 m01さんの「能動的に動いているようでいて、実は他者のエネルギーを拾っている」という一説は、とっても深い真理を突いているように思います。歴史的に見ても芸術家も科学者もまさにコレですよね。音楽家だってそう。以前、取材したドラマーの方が「僕が作ったものなんて何ひとつない。すでに誰かがやっていることを真似しているだけ」だと言っていたのを思い出します。“我”というものは、まとわりついた他者をそぎ落とすことによってニョキっと顔を出すものなのではなく、他者とじっくり組みすることの中にこそ、知らず知らずのうちに現れてくるものなのかもしれませんね。「あっ、俺、いたんだ」みたいな(笑)。

 耳コピって、これに似てますよね。

(seimj)

 私が思うDesignというもの…。まぁデザインなんて呼べるほどの大層な仕事をしたこともないくせにこんな事を言うのもなんですが。良いデザインだなぁ実感するものを見ていると、それが緻密に意図されたものであれ、ある程度偶発的なものであれ、それは表面的ななにかを繕ったり整えたりという作業の在り方を考えるということでは無いのだなと感じるのです。たとえ行程としての作業が同じで、出来上がったものが同じに見えても、ある回路を通してそうなったものと、情報的にその形にされたものには違いがあるというか。その回路は、コンセプトかもしれないし、哲学かもしれないし、愛かもしれない。いつか教えていただいた「イデア」かもしれません。その回路は、seimjさんの言うところのブラックボックスと近いのだろうとも思います。どういうタイトルにするか、どんな文字量にするか、イラストはいるか、譜面はどんな程度か…通すべき回路の在り方や回路の通し方を考えることがデザインで、それを通せば、諸々の事柄、表面的なデザイン作業は自然と決まってくる。そんな風にありたいですし、そこまで「なにをするべき仕事なのか」について考えることがデザインというか。
 責任、批判、信頼、自己本位、葛藤、信頼…。おそらく、私にとってのデザインというのは、回路を通すときのキーワードなのだろうと思います。それを錦の御旗としたときに、自分の中の回路の鍵が開くというか。原稿を書くときにも、文字を書いてるつもりよりも、どんな印象のものにするかとか、誰に対するものかとか、そういうところを意識してしまう、いやむしろ、し過ぎるほどで。そうすることで、やっと自分を納得させられるのだと思います。連鎖という言葉がありましたが、回路を推敲する中でどれだけ連鎖の手応えを感じたかによってGO/NGを判断してるところがありますね。
 以前打ち合わせしていたときに、私が「他に何か見逃していることはないですかね〜」と言ったときにseimjさんが「これだけ時間をかけて尽くしたものですから」と言った言葉が印象的で、今でもよく憶えています。私はそういう意味であまり「信頼」を持てない方で、どんなに労力と時間をかけても「良くねぇなぁ」と思うとやり直ししたくなる。そういう意味では、今は納得や信頼を得る方法をひとつ教えていただきました。
 ある種、覚悟とか心の準備を探しているという感じでしょうか。ラジオの電波がよく入るところにチューニングツマミを回す、みたいな感じでどういうフィルター回路の共振周波数をどこにするか、それを決めるのがデザインの根本というか。それが決まることが「スイッチが入る」ことなのだとも思っています。ただ、これはある種他力本願な面も生むのかもしれませんね。そういう意味では周波数が合ったからやっているわけであって、自分としての実感があるわけではないという感覚で仕事をしていた時期もありました。内面の内面は外面、みたいな言葉を最近読んだ本で知りましたが、そんな感じでしょうか。能動的に動いているようで居て、実のところ他者のエネルギーを拾っている行為というか。
 とはいえ、偶発的に「自分から発信する」という行為がうまくいっている場合もあるようで、それについてはまだよく理解できていないために自分で自分を観察しているようなところがあります。他人からすると、悠長なことを言いやがってと怒られることもありますけれど(笑)このリレーの中で、おそらくそれは、自己性の回路を通すことができたときなのだと思いました。やはり自己の回路を通すことには、いろいろな葛藤がありますから、無意識にそれを回避して誰かの回路の真似をして、回路を通す作業を終えてしまっている場合もあるのだと思います。でもまだ、自分の回路を疑う気持ちもありますね〜。そういう意味では、私も多様な批判というもののシミュレーションはしょっちゅうです。
 なんだか言葉としてはどんどんメチャクチャになってきましたが、自分の中での納得度は高くなってきました。化合物は化学反応の結果であって、化合物を作るための化学反応を用意する行為はデジタルなのかもしれませんね。結果がわかっている化学反応には実感が持てないというか。化学反応させることを表現すれば良いのであって、その結果は表現の副産物なのでしょうか。でも、その副産物が、みんなの欲しいものなんですよねぇ。